スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

文武両道は・・

文武両道という言葉は素晴らしい。

高校でいえば済々高、奈良郡山、など、
入る事さえ難しいのに野球も強い。素晴らしいです。

ですが、何も進学校、野球の強豪高でなくても
野球と勉強って誰でも頑張れることだし、
その2つは互いに繋がることだと思います。

学校の45分の授業でさえ最後まで集中力がない子が、
90分の野球の試合で集中力が途切れないわけないと思います。
勝っている時の中だるみ、負けている時のあきらめ、
これは授業の姿勢からくる、難しい問題に解けないとあきらめる姿勢から
来るのではないでしょうか・・。

わが子を見てひじょ~~にそれを感じました

そんな風に野球と勉強はリンクする・・。

それも文武両道です。。



スポンサーサイト
2013-11-28(Thu)
 

学校部活とクラブ・・

学校部活とクラブのメリット、デメリットはあります。
学童野球、中学野球でよく耳にする議論です。

そのメリット、デメリットは私が感じる点と
みなさんと大して変わらないと思いますので触れません。

ですが県内外の友人や知人とよくお互いのチームの話をする中で、
最近ひじょうに自チームのデメリットの話をされる方が多いので、
一言だけ言わせて頂きたいと思います。

『デメリットだけに目が行くのはやめましょう』

時にはチームの指導者さん、先生などに不満を持つ
父兄の話などもありますが、野球観というのは一人一人違うものです。
うちのチームでも3人の指導者がいれば3つの意見に分かれる事も多いです。
不満を持つのはいいのですが、監督や先生を超える事だけはしないほうが
いいと思います。子どもは監督や先生を尊敬しているからです。

時々見かけます・・
試合中に父兄がポジショニングや戦術面の指示をする姿。
それは監督の立場がないだろう・・と思ってしまいます。
そんな方たちをモンスターなんとかと私たち指導側はいつも呼んでいます。

そのチームに所属しているのは本人、父兄の決定。
メリットが勝ったと判断して入部したはずです。

メリット>デメリット

そう思うのなら監督や先生に全てを任せ、子どもを応援する。

メリット<デメリット

そう思うのなら、黙って他のチームに移る事をおすすめします。





2013-10-02(Wed)
 

後半戦は・・

公式戦も全て終了し、招待試合シーズンに入ってきます。

私個人的には、6年生は中学野球を見据えて、
5年生以下は来年のチームを視野に入れて後半戦を戦ってもらいたいですね。

日々の練習でも、6年生は体格がよくなり、チームの中では打球も飛び
投げる球も速くなりますが、決して勘違いしないようにしたいところです。
あくまでチームの中で・・です。基本に忠実なプレー、スイングを心がけ
中学でも通用する選手になってもらいたいです。
5年生以下の選手は、来年やりたいポジションの練習を積極的にやって欲しいです。
投手希望であれば、志願してバッティングピッチャーをやってもよし、
空いた時間は人より多く走り込んでもいいでしょう。。
練習試合でもおそらく5年生の新たなポジションでの起用なども増えてくると
思います。指導者もすでに来年の事を少しは考える季節に入ってきます・・

まずは今週末、山都招待が行われます。
その後も城南大会やロザリオ旗、玉名ちびっ子、練習試合etc
毎週忙しいです。

個々がレベルアップし、全体のレベルアップに繋がればと思います。
県大会出場チームとの対戦もまだまだあり楽しみです。


後半戦頑張りましょう。




2013-07-30(Tue)
 

家での行動即ちグラウンドでの行動・・

子どもをよく観察すると、家での行動が全てグラウンドで表れています。

監督が「○○しろ」

と指示をしたとします。ですがすぐには動きません。
2回目、そして3回目に怒りながら言って初めて動きます。

さらに、見て見ぬふりも得意です。
飛んだファールを取りに行かない、落ちている物を拾わないなど・・

なので、城山クラブの指導者はいつもグラウンドで怒っています。

もちろん、全員がそうではありません。
1回目で動く者もいますが、決まった者です。
残念ながら最後まで動かない者もいつも同じで決まっているんです・・
今まで名指しで叱られる姿を何度見たでしょうか??

指導者の声を聞き流すというか、、他人事というか・・?
自分に言われていると思っていないんです。
なのでやらない者に名指しで指示を出さざるをえません。
残念ながら私の息子もその一人です・・

家での行動パターンを見ると・・
そう。グラウンドと全く同じなんです!

「風呂入れ。」

「犬の世話をしろ。」

「ちらかった本やゲームを片付けろ。」

「早く布団に入れ。」

これは私が一晩に3回ずつ必ず言わなくてはならないセリフです。
本当に家でもグラウンドでも同じでイラッとしますね(笑)
グラウンドではその人数も増えてもっと大変です。

たぶん、率先してイヤな事が出来ない選手は、
試合でピンチの時に盛り上げる努力はしません。
少なくともうちのチームでは該当者は全員それに当てはまります。
さらに悲しい事にそれが上級生に多いのが致命的です。
となると彼らは学校でも同じなんだなと容易に想像できます。

私の好きな言葉に

「球道即人道」

という言葉があります。

まずはグラウンドでも家でも学校でもどこからでもいいですが、
きっちり行動できるようになって欲しいものです。

そうすると

グラウンドでの行動=家での行動=学校での行動

と結びついてくると思います。


野球少年のお父さん、お母さん・・

家で3回同じ事を子どもに言っていませんか??








2013-03-20(Wed)
 

新人戦を目前に思う・・

いよいよ公式戦の組合せも決まり、本格シーズンに突入です。

よーし、じゃああれやろう!これやろう!

というのはもうありません。

何も目標がない12月、1月。
寒い中、雪の中、雨の中、なんのために集まったか?

全てはこの時のためです。

泣きながらやった柔軟は、その一球の球際のボールを捕るため・・

みんなで輪になって一人何千スイングしたか?
かける人数分でチーム合計何万スイング振ったか?
全てはその一球を外野へ弾き返すため・・

同じく泣きながら受けたノック何千本かける人数分・・

同じく泣きながら走った階段は合計何千段・・

度胸がつくために人前で歌った曲は何十曲・・

春に花を咲かせるための根っ子はもう張り終えました。。

だから試合前だからといって特別やる事はもうありません。

それでも必ず花が咲くとは思いません。

ですが個々の戦力が劣るチームでも、練習量で点差は埋める事ができる。
花が咲こうとする可能性だけは出る。

それを上益城郡の大会で証明したいと思います。。


2013-03-02(Sat)
 
プロフィール

shiroyama648

Author:shiroyama648
2010~2013御船城山クラブ在籍保護者コーチ

検索フォーム
-
御船城山応援日記のショッピング
最近の記事+コメント
関連動画
◎2013上益城郡新人戦のスライドショー ◎諒(5年)のホームラン① ◎大成(5年)のセンター前 ◎諒(5年)のホームラン② ◎大成(6年)のホームラン
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

大会情報(トーナメント)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。