スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

18年前の気持ちで・・

18年前の野球ノートがあります。

そう、私が高校3年生のものです。

夏の大会、強豪校との試合前日に書かれたものに、
こう書いてあります・・

『まだ明日を最後にはしたくない。』

負けたくない気持ちと、もう少し仲間と野球をやりたい気持ちが
書かれています。ある意味覚悟していたのでしょう・・
ノートがふやけた跡もあります(笑)

明日、今年最後の大会、松中旗が開幕します。
6年生にとって小学生最後の大会となります。
勝って有終の美を飾りたいですね。

今まで流した汗、涙、地域の清掃活動、家でのお手伝い・・
全部野球の神様は見てくれています。おそらく、これだけやってきた
御船城山に最後のこの大会でご褒美をくれるつもりです。。

明日は私も18年前の夏の大会に挑むような気持ちで戦います。

さて、今日は白旗グラウンドで練習です。

私は今日も仕事で参加できません・・

頑張りましょう!





スポンサーサイト
2013-11-23(Sat)
 

野球ノートより・・

ある6年生の子の野球ノートより・・

自分が打てなくても次のバッターが打ってくれると信じています。』



この子は今までは、野球ノートで、、

「今日はヒットが打てませんでした。」

「今日は1本しかヒットを打てませんでした。」

という表現が多い子でした。

全体の事よりも個人成績メインの考えであったと思います。

それが上記のような事を言えるような選手に変わりました。。
いい事ですね。。

御船城山クラブの選手たちは、なかなかこの考え方ができませんでした。
残念な個人結果だった時に、沈んでしまう・・また、泣いてしまう・・

改めて言いますが、野球は団体競技なんですよね。
中学で野球をやる時にも、これだけは忘れないで下さい。。






2011-10-07(Fri)
 

兄弟を思いやる心・・

先日の野球ノートにこんなことが書いてありました。。

「弟の活躍する姿が見れて嬉しかったです」

一緒にこれを見て、夫婦で思わず微笑んでしまいました。
なんか心があったかくなる言葉ですね。。

うちもそうですが、小学生の兄弟ってケンカしかしない
イメージがあります。よく城山クラブの何組かいる兄弟の弟に
「兄ちゃん好きか?」と聞くと「嫌い」と返ってきます(笑)

監督がよくおっしゃる「野球の神様が見ている」という言葉・・
神様は親や兄弟を思いやる姿も見ていると思います。
お手伝いをしたり、下の子の面倒を見ることで、
必ずいい結果が現れると信じています。
間一髪セーフになったり、ポテンヒットになったりと・・


これからも弟をかわいがる、いい兄貴でいて下さい!
必ず野球が上手くなりますよ。。









2011-09-07(Wed)
 

吉成旗は2回戦から出場・・

8月27日(土)より吉成旗が開幕です。

当クラブは2回戦からの出場となります。
お相手は、城南クラブさんと小川キングリバースさんの勝者です。
いずれにしても強豪チームですので今から対戦が楽しみです。

どのチームも日々の練習で戦力が上がっていると思います。
県大会で優勝したチームである以上、無様な負け方は出来ません。
相手はもちろん、そういうチームを倒したいと意気込んで向かってきます。
こんなチームが県で勝って・・まぐれだったんだな。
と言われないような試合を見せて欲しいと思います。

さて、昨日は野球ノートを提出しない子を集めて話しました。
ここに来てすでに以下のパターンの子に分かれています。

①毎日書いていて、提出してと言われてきっちり出す子。
②いきなり提出してと言われて、あわてて1日分書いて提出する子。
③書いてもいなくて提出もしない子。

言われなくてもすすんでやる選手は素晴らしいです。
必ず成長します。自分の反省点や、質問がたくさん書いてあります。
たとえミスしても同じ過ちを繰り返す事はないでしょうね。。

言われてやる子は普通です。

言われてもやらない子は、向上心がないと思います。
ある意味図太い神経の持ち主ですが・・(笑)


野球ノートは、意図として・・
「気付き」を大事にして欲しいというのがあります。
ミスを繰り返さない、試合での勝敗のポイントは何だったのか?
負けて悔しかった、などなど・・ただ漠然と日々を過ごすだけでは
忘れます。書く事で、次にやる練習が必ず意味のあるものになります。

また、今書いたノートを中学・高校に進んだ時に見る・・
おそらく自分の成長を改めて実感するとともに、
初心に帰る事ができると思います。





2011-08-26(Fri)
 

昨日の野球ノート・・

昨日の6年生の選手の野球ノートにこんな事が書いてありました。

「下級生ノックのボール渡しやボール拾いをしました。
 普段やってもらっているありがたさを、やってみて分かりました。」


下級生がいなければ自分たちでボール拾いもやらなくてはなりません。
おかげで1本でも多くノックを受ける事ができますね。

感謝の気持ちを忘れたら成長しないと思いますので、
この選手の今後が楽しみです。

野球ができる自分をとりまく、全ての人に感謝の気持ちを
持ち続けて欲しいと思います。









2011-08-11(Thu)
 
プロフィール

shiroyama648

Author:shiroyama648
2010~2013御船城山クラブ在籍保護者コーチ

検索フォーム
-
御船城山応援日記のショッピング
最近の記事+コメント
関連動画
◎2013上益城郡新人戦のスライドショー ◎諒(5年)のホームラン① ◎大成(5年)のセンター前 ◎諒(5年)のホームラン② ◎大成(6年)のホームラン
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

大会情報(トーナメント)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。