FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ラン&ヒット・・

先日の練習試合でラン&ヒットが多く見られました。

ラン&ヒットはあくまでバッター主体ですので、
ヒット&ランとは違って必ず打たなくてもよく、
ランナーはある程度安心してスタートを切れる
1-3や2-3で自己判断やサインでスタートを切り、
バッターはスタートやボールを判断して打つ作戦が
見事に功を奏しました。

バッターの打球が一二塁間を破って
一塁ランナーが三塁まで進んだシーンも
ラン&ヒットだったんですね~。

考える走塁、考える打撃。

やっていきたいですね。






スポンサーサイト
2013-07-09(Tue)
 

二塁ランナーレベルアップ・・

本日は自由が丘グラウンドにて託麻フェニックスさんと練習試合です。
私は仕事で参加できません。
が、8月からいよいよ週休2日制がスタートの私の職場です!!

さて、昨日は雨でスポーツセンターとグラウンド片隅組に別れ
私は途中からグラウンド組に合流しました。
昨日の続き、二塁ランナー編です。

二塁ランナーに野球センスの差が出ますねー。

ツーアウト二塁からワンヒットで生還できるか?できないか?
二塁ランナーのスタートのテクニックでかなり生還率は上がると思います。

「スイングゴー。」

ツーアウトなんで「打ったら走れ!」「ランコー回せよ!」
などの声かけはよく聞きますが、本来ならば打ったらゴーよりも早い
バッターの振り始めを確認したら走る「スイングゴー」です。

「ストライクゴー。」

また、ツーアウトツーストライクであれば、二塁から見て
投球がストライクだなと思ったらスタートを切ったほうがいい。
見逃しであれば三振チェンジ、ヒットであれば必ずホームイン出来るでしょう!


このように1点入るか入らないかの大事な二塁ランナーでありますが、
うちの場合は今のところ慎重すぎです。

これが全員出来るようになればチームの走塁レベルは1ランク上がります。

普段から1つのボールでただ打つだけのバッティング練習ではなく、
順番を待っているムダな選手は、ランナーに入ってこのシーンを想定をして、
ひたすらこの練習をするべきです。


さあ、今日も頑張りましょう。









2013-06-29(Sat)
 

下級生の走塁・・

学校の給食で種をのどに詰まらせて児童が亡くなっていたようですね。
お悔やみ申し上げます。みんなも気をつけて欲しいものです。


さて、昨日の練習ではロングティー、走りこみを行いました。

上級生が走りこみをする間、下級生のベースランニングを担当しました。
今まで、細かい事を下級生に伝えた事がありませんでしたので、
実質初めての走塁指導となりました。

まず、一塁駆け抜け。
ここでは奥を踏んだり、真ん中を踏んだりしていましたので、
間一髪の時はたったこれだけの差でアウトになるんだという事を
知りました。

次に一塁オーバーラン。
私が小学生の時は左足で踏めと習いましたが、上に行くにつれて
どっちでもよいと変わっていきました。ここでも、左にこだわって
スピードが落ちるくらいならこだわらなくてもいいと伝えました。
やはりオーバーランの時もベースを踏む位置がみんなバラバラ。
手前左角を踏む事を覚えました。

次にリードの取り方。
ここでは一塁に帰塁する際の注意点ですが、
手をついて立ち上がる時にタッチアウト・・
下級生によく見られるシーンです。

などなど。

やり始めたらキリがなく、一塁ベース付近の事でも注意点がたくさん、
昨日は二塁までいけませんでした(笑)

また続きは次回ですね。。


2013-06-28(Fri)
 

走塁のイップス・・

昨日は御船町民グラウンドが急きょ使えるようになり、
いつものBコートで練習できました!
20130612_184835.jpg

最後に盗塁の練習を行いました。

新チームになってとても気になる選手がいて・・
どうやら走塁のイップスみたいなんですね・・。

去年、一塁牽制、二塁牽制で刺される事が続いたこの選手。
また逆に今年に入ってからは、止まるべきところを暴走して
完全タッチアウトも立て続けにあり、これはブルマリ戦、飯野戦・・
覚えているだけで少なくとも2試合は勝敗に関わっています。

このような事が続き、心理的なものがあるのかもしれませんが
期待通りの走塁をなかなか見せてもらえません。

実はコレは私自身にも経験があるんです・・。
私の場合は高校時代。二塁ランナーに私がいる大事な局面で、
バント空振りで二塁戻れずタッチアウトをくらってしまったんです。
それからというもの、トラウマとなりバントのスタートが悪くなって、
三塁タッチアウトを繰り返しました・・。

昨日の二盗の練習では、練習なので大胆に見切りスタートをしてみました。

牽制がない雰囲気だったら時には見切りスタートをして成功して
まずは自信を取り戻してくれればと思います。









2013-06-13(Thu)
 

三塁コーチはやっぱり大事・・

先日の紅白戦では、あらためて三塁コーチの重要さを認識しました。

ノーアウトで先頭打者が左中間を破りました。

打者走者は二塁をけって三塁へ・・
そこでベンチからは「止まれ~!」
ですが三塁コーチは回れのジェスチャー。

すると、案の定回ってホーム楽々タッチアウト・・

一番やってはいけない先頭打者のアウトの取られ方をしてしまいました。

ここで足りなかったこと・・
ノーアウトから一か八かで回した事。

このとき、人数もたくさんいませんので2年生が三塁コーチに立っていました。
彼は単に自分が回してアウトになった事がショックだったようです。
ここは冒険していい場面。ここはランナーをためてじっくり行きたい場面。
アウトセーフの結果に関係なく回さずに叱られる事もあり、
回して叱られる事もあって、野球って本当に難しいスポーツです。
そういう判断はまだ2年生にはできません。

彼をあそこに立てたベンチが悪いのですが、いつかは経験する事。
練習ですので、どんどんそんな失敗をしてもらいたいです。
まずは、あそこは大事なポジションだと分かってくれただけでもOKです。


大会が迫ってきました・・

この出来事のおかげで、あらためて三塁コーチの重要さを認識できました。

大会ではまだ経験が浅い子には三塁コーチは立たせられないですね。
ベンチから「ランナーコーチ出てないぞ!」と叱られないようにするのは
分かりますが、誰でもいいわけではありません。
最上級生が積極的にあそこに立つ事を徹底したいですね。。

ベンチが三塁側ならまだしも、一塁ベンチの場合は監督の声も届きません。
なので、これを怠ると大変な目に合いますね・・






2013-02-06(Wed)
 
プロフィール

shiroyama648

Author:shiroyama648
2010~2013御船城山クラブ在籍保護者コーチ

検索フォーム
-
御船城山応援日記のショッピング
最近の記事+コメント
関連動画
◎2013上益城郡新人戦のスライドショー ◎諒(5年)のホームラン① ◎大成(5年)のセンター前 ◎諒(5年)のホームラン② ◎大成(6年)のホームラン
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

大会情報(トーナメント)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。