スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

雨天練習あれこれ・・

昨日は御船町スポーツセンターにて室内練習を行いました。
20130621_185257.jpg

ランニング、アップ、ストレッチ、ラダー、盗塁スタート練習、鬼ごっこ、
ピッチャーはキャッチボールを行いました。

上の写真は鬼ごっこです(笑)
鬼ごっこと聞けば遊び半分のイメージがありますが、これは真剣な練習です!

1対1、もしくは鬼1対逃げ役2で写真の赤の枠の外で行いますが・・

これ、オススメです!

いろんな性格がこの鬼ごっこに出ます!

捕まえるまでずっと同じ方向に追い掛け回す鬼。
しょっちゅう反対回りに切り替える鬼。
すぐあきらめる逃げ役。
むきになる鬼。
きついのを顔に出す逃げ役、鬼。
なかなか捕まえられず心が折れる鬼。
ラインに入ってズルをする逃げ役。

また、上以外で昨日一番盛り上がった選手の行動がありますが
それはどんな事かというと・・

「鬼が反対回りに切り替えたのに気付かず捕まる逃げ役。」です。

これには盛り上がりましたが、笑ってばかりもいられません。
注意力散漫、周りが見えていない証拠であり、グラウンド上だったら・・
牽制アウトを食らうパターンかもしれません。

などなど・・
グラウンド上での行動に繋がる彼らの鬼ごっこでの姿です。。

選手も真剣に鬼ごっこを楽しみ、、
捕まるごとに拍手や盛り上がりが見られ
時にはなかなか捕まえられない鬼を励ます声も出ました。
これを見るとたかが鬼ごっこでも、いい練習のような気がします。

ただ単に足腰を鍛えるのではなく、精神鍛錬に・・

鬼ごっこ。

オススメです!












スポンサーサイト
2013-06-22(Sat)
 

ラケットを使って外野練習・・

最近はよく下級生のフライを捕る練習をしています。

ノックをしながらいつも思っていましたが、
大き過ぎたり強すぎたりドライブがかかり過ぎたりし・・
まだまだ未熟なので思うところに打てず困っていました。

ここで登場したのがテニスボール(硬式)とラケットです。

これだと簡単にフライを打てて効率的です!
距離はベース間よりちょっと長いくらいで十分です。

軟式ボールとテニスボールでは違いますが、
メリットがたくさんあります。

・下級生がボールを怖がって横で捕っていたのが
 テニスボールだと怖がらず正面で捕れるようになる!
・とにかく本数を稼げる!
・ノッカーが自由自在に打ち分ける事ができる!
・キャッチの時弾くので、膝やグラブのクッションを
 意識することが出来る!

後方の大きなフライを背走し、足を止めて後ろから
前進しながらキャッチしカットマンまで投げる。

こんなプレーを最近の試合では外野手が見せてくれて
目に見えて効果が表れています。。

ラケットで外野練習。

オススメです!

風が強い時に困りますが・・(笑)




2013-06-11(Tue)
 

伝統の守備完成計画 第2弾・・

御船城山伝統の守備完成計画、第2弾です。

昨日は名づけて”一度になんでもできる練習”を行いました。
本当に色々な要素を克服できる練習ですので、
ついつい時間を忘れて長引いてしまいました(笑)

それではご紹介します。

まず、この練習で出来る要素です。
①ゴロ捕り、送球練習
②バント
③選球眼
④キャッチャーバント処理
④送りバントのランナー練習
⑤ライトカバーリング      です。

【準備】
・まずマウンドに下級生数人をまとめて置きます。
・下級生の一塁ランナーを置きます。
・キャッチャー、ファースト、ショートのレギュラーを置きます。
・打席にバッターが立ちます。
・キャッチャー脇にボールケースと転がす人を配置します。

【手順】
①キャッチャー脇からマウンドのピッチャーに向けて簡単なゴロを転がします。
②捕ったらバッターに向けてストライクを投げます。
③そのボールをバッターは送りバントします。
④ピッチャーorキャッチャーが打球を処理
⑤ライトがカバーリング         以上です。

たったこれだけの事ですが、その1球にたくさんの大事な要素が詰まっています!
繰り返し繰り返し行いますが、全く同じ光景は一つもありません。。

指導ポイントが本当にたくさんあります・・

①では、ゴロを捕るとき腰を落とす。足をそろえない。

②では送球をきちんと行う。まっすぐ足を踏み出す。

③では打者のバントを構える姿勢。1球できっちりバントを決める。
 ボール球はしない。打球を殺す。

④ではキャッチャーはミットに入ったら一塁に投げる。この時肩を入れる。
 ワンバウンドは体で止める。バントが転がったら、
 「ひとつ!!」or「ふたつ!!」と瞬時に判断して大きな声で指示する。
 ライン際の球は勝手に判断せずフェアだと思って必ず処理する。

⑤この時ライトはカバーに回る。ボール球でミットに入った場合も
 キャッチャーからの送球が必ずあるものとしてカバーに走る。


昨日は特にキャッチャーにとってものすごくためになった1日でした。
下級生の投げる球ですので、ワンバウンド処理も多く(笑)
ストライクの球でバットを引かれた場合やバント空振りのとき、
驚いてミットに入ってからワンテンポ遅れる送球も克服できました。
この時ほど一塁送球でアウトが取りやすいんだと知りました!
特に二塁ランナーの場面ではランナーが飛び出しやすいので、
必ずミットに入るものとして準備が必要です。

一昨年、昨年と・・先輩たちが、

バント守備や牽制でアウトを取り、ピンチをチャンスに変えてきました。

守備完成計画。

まだまだ未完成です。。

繰り返し繰り返しやっていきましょう。

2013-01-17(Thu)
 

ヘルメットかぶって外野ノック・・

昨日の外野ノックでは、ヘルメットをかぶって行いました。
ただかぶるのではなく、フライを頭でヘディングしました。
ワンバウンド、ツーバウンドなども同じです。

どういう意図があるのでしょうか?

それは、落下点にきちんと入る事ができるようになるのが目的です。
外野フライは素早く落下点に入り、やや後方からキャッチするのが理想です。
バックホームの時はなおさらです。

フライをヘディングできればOK。もし頭でヘディングできなければ、
それは落下点に入れていない証拠です。欲を言えば、跳ね返るボールが
前方に行けばなおGOODです。

ワンバウンド、ツーバウンドにおいても、
バックホームでは後方から勢いを付けて捕球しなければなりません。
しかし、やみくもに前進してきてもバウンドが合いません。
ここで、待ったり前進したりでバウンドを合わせて頭に当てる事ができれば
おそらく実際のバックホームの時には投げやすい体勢で捕球できているでしょう。
ここでもやはり後ろからが必須ですので、跳ね返ったボールが前方に行くのが理想です。

本数をこなすうちにずいぶんヘディングが上手くなりました。

「ポコン!」「ポコン!」

というヘルメットの心地よい音がグラウンドに響き渡った
昨日の御船町民グラウンドでした・・













2012-05-12(Sat)
 

水風船で遊びながら・・

子どもの時、よく水風船で遊びました・・
水風船で友達とキャッチボールして、いじわるで強く投げて
顔の前で破裂させて大喜び!とても懐かしいです・・
10141681773[1]
さて、実はこれが野球のキャッチの練習になります。

ボールの勢いを吸収して捕る。

一人でも上に投げてフライを捕る練習になりますが、
二人でやればハラハラドキドキで楽しいですね♪

これを割らずに捕るには、ヒザのクッションや手首、腕などで
勢いを吸収しなくてはいけません。

キャッチの感覚を自分で掴む事ができるいい遊び。

こんど子どもたちに投げてビショぬれにしてみたいと思いますW





2012-04-24(Tue)
 
プロフィール

shiroyama648

Author:shiroyama648
2010~2013御船城山クラブ在籍保護者コーチ

検索フォーム
-
御船城山応援日記のショッピング
最近の記事+コメント
関連動画
◎2013上益城郡新人戦のスライドショー ◎諒(5年)のホームラン① ◎大成(5年)のセンター前 ◎諒(5年)のホームラン② ◎大成(6年)のホームラン
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

大会情報(トーナメント)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。