FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

痛烈な打球で・・

6年生の打球が鋭くなってきています・・
体も出来てきています。成長期ですね。。

それは同時に対戦相手の打球も速くなるということ。

昨日のノックでは速い打球を意識して打ちました。

よく練習では「ノッカーとケンカしろ」と言いますが、
昨日は私の勝ちですね。

横の打球に追いつかない、正面でも逃げる、グラブを弾かれる・・
うまくいかないから顔に出る・・声も出ない・・
なんでノックの打球が速いんだと思っていたかと思います。

試合では速い打球を打つなと相手に言えません。

難しいノックにも立ち向かって欲しかったですね~。

そして、ピッチャーは投げ込みを行いました。
ストライクだけカウントしてエースりょうは50球。
5年生フミヤは20球。やはりエースが一番コントロールがいいみたいです。
5年生フミヤは制球が課題の問題児。70球以上投げてようやく
20ストライクを達成しました(笑)

万一エースが降板したとき、次に投げる投手が踏ん張り
まだまだ望みをつなげられるようになりたいですね。


さ、今日もナイターでの練習です。
頑張りましょう。



スポンサーサイト
2013-08-07(Wed)
 

構えないけどこなす・・

昨日の練習風景です。

20130709_192054.jpg

小さいので分かりづらいですが、城山のオバマこと
ゆーしんが構えていない証拠写真です。。

この時も頭をポリポリかいていました(笑)

先日の試合でも、その前でも、練習でも・・

構えろ!と何度も言われるのですが構えません。

でも飛んできたらこなすんです!

一度でも反応が遅れたり、バントのスタートが遅れたりすれば
だから言っただろうと目いっぱい叱れるのですが。

この前の試合中、私もついベンチで

「あいつ!構えんくせに上手いけんムカツク~!!」

と言ってしまいました(笑)

対戦チームのみなさん、一度絶対捕れないような強烈な打球で

彼をぎゃふんと言わせて下さい!

よろしくお願いします。。




2013-07-10(Wed)
 

迷わず二塁へ・・

昨日はランナーを付けてノックを行いました。

一死一二塁。

この場面ではピッチャーゴロを取ってどこに投げますか?
と聞くと選手は迷わずサードと答えます。

ですが、高いバウンドだったらサード、速い打球だったら
二塁に投げてダブルプレーを狙ってほしいです!
b0166128_10261546.jpg
※写真はイメージです。

学童野球だからまずは1つ確実に三塁で・・という意見も当然あるでしょう。
先の塁で1つ殺す事も確かに基本を教える上で大事です。

しかし逆に言えば攻める守備をそれでは覚える事ができません。
おそらくサードに投げても1つしかアウトは取れません。(1-5-3。)
サードからファーストの距離は子どもにとっては長いです。

迷わず二塁に送球してゲッツーでチェンジ!!決まればビッグプレーです。
1-6-3。関わるピッチャー、ショートは高学年がやるチームがほとんどで、
おそらく練習すればかなり高い確率でダブルプレーは取れるでしょう。

そのためにはこの場面を作られてしまった時点で野手の声かけ、
「ピッチャーゴロは二塁へ!」が事前に必要です。

中間守備の一三塁の場面でも同じです。
ピッチャーゴロをパン!と取って三塁ランナーと目が合うのではなく、
迷わず二塁送球してゲッツーでチェンジを狙って欲しいですね。。

とにかく攻める守備は接戦では流れを呼び寄せることになります。

継続して練習していきたいと思います。







2013-06-05(Wed)
 

三者凡退で・・

先日高校野球を観戦に行き、劣勢のチームが後半逆転劇で勝利しました。

4点差で7回あたりに来ると、敗戦濃厚な空気になりがちですが、
ピッチャー交代で登板した最初の回で三者凡退に取ってから
一気に流れが変わりました!

「守備からリズムを・・」
とはよく言いますが、まさにそんな展開となったのです。

今のチームはといえば・・
よくずるずると失点を重ねるチームです。
おそらくこの展開だったら追加点を許してコールド一直線。

野球に「流れ」は実在する・・。

投手交代、三者凡退や、攻守交代のダッシュなどで
劣勢の流れを変えるという事をちょっと意識してみようと思います。



2013-05-27(Mon)
 

気合の入ったノック・・

20130508_174535.jpg
昨日の練習ではまたもやOBのユーイチが来て、
ノックでは守備に付いて後輩に指導してくれました。

私もシートノックではセカンドに入り、選手と盛り上がりました!

しかし、球際が捕れませんね~

衰えは目に見えるようになってきました・・。
かつては守備の人と言われた私も、もうダメです。

でも実際入ってノックを受けてよかったです。

セカンドのポジションは難しい・・。

定位置はここである。

ゲッツーの時はここである。

バントが考えられるケースではここである。

外野バックホームではキャッチャーからの二塁転送もある。

サードゴロでは一塁カバーに走らなくてはならない。

カットマンの時は投げにくい体勢の場合は距離を詰めなくてはならない。

ゲッツーの時はこの距離なら伸びて捕る、引いて捕る。

など、実際入ってやると伝わる度合いが大きいと思いました。


全体的にも気合が入っています!

飛んだら「ナイスファイト~!」いいプレーがでたら「ナイスプレー!」。

これが全体から聞こえてくるだけで違います。

公式戦が早まった上益城郡。

うちは今すぐにでも挑みたい、チームの雰囲気です。





2013-05-09(Thu)
 
プロフィール

shiroyama648

Author:shiroyama648
2010~2013御船城山クラブ在籍保護者コーチ

検索フォーム
-
御船城山応援日記のショッピング
最近の記事+コメント
関連動画
◎2013上益城郡新人戦のスライドショー ◎諒(5年)のホームラン① ◎大成(5年)のセンター前 ◎諒(5年)のホームラン② ◎大成(6年)のホームラン
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

大会情報(トーナメント)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。