FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

強制→理論立てで・・

6年生ともなると、指導の中で単に「○○しろ!」と強制しても
納得できない事出てくると思います。上級生、中学生、高校生
上に行くにつれて理由まで納得させてあげる必要があります。

例えばどこの家庭でも見られるやり取りだと思うのですが・・

私が以前、息子とキャッチボールをやったときの事。

踏み出し足がアウトステップしてしまっていました。

その時、どう声をかけますか?

「真っ直ぐ踏み出せ!」

たいがいここで終わりだと思います。

もちろん、真っ直ぐ踏み出していることが理想です。

でもそれでいいのか?

ここで、単に左足の問題だけでなく、インステップ、アウトステップ
してしまう原因と改善点、何で真っ直ぐ出さないといけないのか?
まで言ってあげれば子どもも納得すると思います。

子どもにとってみれば、したくてやっている訳でなく、
染み付いた癖がありその投げ方が一番やりやすく・・
じゃあどうすればいいの?と思っています。

踏み出し足でなく、軸足1本で立った時にすでに決まっている・・
つま先の方に体重がかかっていればインステップしてしまい、
かかとの方に乗っていればアウトステップしてしまう。

「もう少し軸足のつま先のほうに重心をかけてみなさい。」

すると自然と変わりました。
どっちかを試してみるとやはりそうなる・・
「なるほど!」という言葉が子どもから出ました。。



また本職はキャッチャーなのですが、こんなシーンも多々ありました。

1回の守り投球練習6球後の「バールバック」の後のセカンドスロー。

「捕ってゆっくりでいいからきっちり二塁にストライクを投げなさい。」

「捕って最短で二塁に到達させなさい。」

どちらの声かけをしますか?

キャッチャー担当の私は後者を推奨していました。
前者の場合、肩はアピールできても、ひょっとしたら捕ってから
握れないのでは?捕ってから時間がかかるのでは?と私が相手ベンチなら
思ってしまいます。当然、試合に入ればスチールをかけます。

後者の場合、最短でという事は試合と同じく、捕って素早く
全力で低い球を二塁ストライクにするという事です。
万一、1回に相手キャッチャーが捕って2秒ほどで二塁ドストライクを投げたら・・
その試合相手監督はスチールはかけられません。。

と、いかに相手ベンチにスチールのサインを出させないかを考えます。
いくらいいキャッチャーでも走られたら100%は刺せないと思うので・・。

時にはそこで期待に応えられず、握り直したり暴投が行ってしまうこともあり、
相手に余計「このキャッチャー走れる。」と思われ、
前者にしとけば・・という事もありますが(笑)

このように、単に○○しろ!と強制されるのでなく、
このボールバックの後の1球になぜ全力で挑み最短で二塁に到達させなくては
いけないのか?までようやく理解できるようになっています。

子どもは野球を習いに来ているので、
指導者の1つの指示の奥にある意味を選手に理解してもらえたら、
本人も1つ勉強になるのではないかと思います。

そして指導者と選手の信頼関係が1つそこで深まると思っています。。

今まで、フィギアスケートのように打ち方、投げ方、捕り方・・
子どもを厳しく叱りながら泣かせながら形作りをしていたダメ親父・・。
下級生の時や、まだ頭で理解できないうちはそうせざるをえませんでした・・。

ようやくここからがスタートのような気がしてます。

野球の質問攻め、意見のぶつかり合い・・出てくるでしょう。。

それが楽しみです!!














スポンサーサイト
2013-11-13(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

shiroyama648

Author:shiroyama648
2010~2013御船城山クラブ在籍保護者コーチ

検索フォーム
-
御船城山応援日記のショッピング
最近の記事+コメント
関連動画
◎2013上益城郡新人戦のスライドショー ◎諒(5年)のホームラン① ◎大成(5年)のセンター前 ◎諒(5年)のホームラン② ◎大成(6年)のホームラン
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

大会情報(トーナメント)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。